ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厳冬期の昆虫採集 
麦わら帽子に半ズボン、虫かごをタスキがけして野原を駆け回って昆虫採集・・
昆虫採集といえば夏休みの風物詩のようですが、昨日はこの寒さの中でカブトムシやクワガタをたくさん採取しました。

伐採後すぐに玉切りして庭に積み上げてから2年間放置しておいたコナラとアベマキの薪割りをぼちぼち始めました。
厳冬期にもかかわらず芳醇な甘い匂いがするもんだなと割り進めると出るわ出るわでビックリです。
カブトムシは鶏卵サイズに丸々と太った幼虫態がコロコロ出てきます。
クワガタはさなぎから脱皮して成虫態で冬眠しているのがポロリポロリと出ます。
気温の高い頃なら放っておけばモゾモゾ這って地面に潜っていくのですがこの時季はそうはいきません。
寒さでほとんど動くことなく地面に転がしておくものかわいそうだから大きな植栽コンテナにおが屑を詰めてその中に入れてやりました。
半年後の夏にはきっとまた顔を見せてくれるはずです。
もっと早く薪割りをしないから昆虫達に寒い思いをさせてしまったんだと反省しきりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。