ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薪焚き人の楽しみ
薪ストーブ愛好家のみなさん、こんあちは!
三河南部はこれまで吹き荒れていた伊吹おろしがその勢いを弱め始めるといよいよ焚き火再開である。
野外料理の楽しさはその熱源を焚き火でこそ楽しめるというものです。
ホームセンターはいつのころから薪を売り場から撤去したり縮小してしまい、薄い鉄板でできたチャコールグリルや信じられないような価格の燃料を使用するガソリンストーブやガスストーブばかりになった。
そのくせダッチ・オーヴンがごろごろ並べられているのであるから気弱な薪焚き人は心配で夜も眠れなくなるほどだ。
ダッチ・オーヴンを購入したアウトドアマンたちはどうやって料理しているのだろうか?
まさかとは思うが薪ストーブの炉の中に突っ込んで悦に入っているのだろうか。
それともキッチンで腱鞘炎になってでも鍋やスキレットを使っているのだろうか。
間違っても木炭ならまだしも固形粉末石炭やおが屑固形物で料理などしていないだろうに。
薪ストーブ愛好家には焚き火が自由に出来る薪がある。
焚き火を熾し、水を沸かして、お茶や珈琲を淹れると薪の良さが再確認できる。
焚き火を楽しむために薪も充分に用意しておいたのだ。
少し温かくなったらウインドブレーカーを脱いで一抱えの薪を包んで野外で遊ぶんだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダッチオーブンはどこで使う?
MB:阿知波さん こんにちは。
「ダッチ・オーヴンがごろごろ並べられている」本当に多く並んでますね。
私は、年に3回ほど、オートキャンプ(かみさんがキャンプ場で無いと来ないので、
近県のキャンプ場に出かけます)に出かけますが、ペラペラ鉄板のバーベキューグリルがほとんどで、
ダッチオーブンを使っている人を余り見かけません。
どこで使っているのか不思議なくらいです。
私は、キャンプに行くと1回は使って煮込み料理をします。
料理、食事の後、焚き火を見ながら、ビールや酒を頂く事がサイコーです。
設営や車の運転の疲れも忘れてしまいます。
2011/02/24(木) 23:34:50 | URL | 碧南@草間 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。