ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薪リークス
ウィキリークス問題で政府や外務省関係者はてんやわんやだそうだ。
ポタポタと漏れるのは何も水道の蛇口だけではない時代になってしまったようです。
そんな中で薪ストーブ愛好家は以前に比べだんだんと口が堅くなってきているようです。
数十年前の住宅はブリキの薪ストーブ一つで家を暖めていました。
隣り近所はもとより知人友人親戚、なかには隣村までを巻き込んで薪材丸太情報を共有し皆仲良く共同で薪集め薪作りをするのがあたりまえだった。
ところが最近では高気密で高断熱の最新式住宅にもかかわらず、まるでカナダや北欧圏のように高緯度寒冷地と同等の高出力な大きな薪ストーブが設置されている。
日本の平均的な暖房に必要とする能力をオーバーしちゃっているので薪の消費量も半端ではない。
設計事務所も苦肉の策で部屋の隅のコーナー部に薪ストーブを設置して非効率ながら丁度良い按配に仕立ててはいるようです。
そんなことから薪材丸太情報がほとんど表に出ることなく一部の薪作り愛好家だけで消費されてしまっているのだ。
ボ~ボ~大薪喰らいの暴炉薪ストーブばっかりだから仕方ないのかもしれませんが薪材情報はもっともっとリークして欲しいもんです。
薪バスターズはなかなか薪材情報が回ってこないと嘆いている薪ストーブ愛好家さんたちと一緒に薪材情報マキィリークスを流しっぱなしにします。

薪バスターズ@常時薪集め会参加者大募集中!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。