ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お正月カービング!
いけないことだと分かってはいても・・
1月3日(日曜日)、おとそ気分満点で本年の初チェンソーカービングを楽しんできました。
竹林内イベント広場脇の焼却洞では昨年来の古竹が勢いよく炎を上げて焚かれ次々に訪れる竹林詣での皆さんを暖めています。
そんな中でゆっくりとカービングウェアに着替えて安全具を身に着けるとどことなくキリリとした気分になれるのが気持ちよかったです。
根もとで70cm目通し50cmのシイの木の風倒スタンプカービングです。
一足先に竹林を登り足場を整えた頃に大勢の人が株を囲むようにして陣取りはじめました。
地主さんが塩を撒きお供えをして三木を捧げて手を合わせるお頭が揚がるやいなやチェンソーのエンジンを始動させました。
30分間の間をチェンソーを休めることなく寒さを忘れ、木に引きずり込まれるように集中して彫りました。
30分後にキルスイッチをOFFにすると同時に拍手をいただき、一歩下がって今彫った作品を確かめました。
笑みを浮かべて赤子を抱く観音様の姿が株の洞の中に立っています。
無心でカービングしましたので不思議にもカービング最中に自分でも作品が見えてこなかったのです。
彫り始める前に株横の倒木に「心」と捧げ文字を入れたからなのでしょうか?
不思議なカービングライブを体験したお正月初カービングでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。