ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本物?
友人のモデルアーティストがYahoo!オークションに出品した「キングタイガー」戦車。
傑作中の傑作である。
制作した本人も手放したくないはずです。
終了の10分前に早期終了を選択したようです。

1/35 キングタイガー 332号 ドラゴン完成品 Yahoo!オークション
 ↓
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/145535497
スポンサーサイト
原動機付自転車
車庫に原付が2台寝むっているというか放置してある。
YAMAHAの実用オートバイとHONNDAのスクーターだ。
この春、久しぶりにどちらかを引きずり出して乗ってみようと考えている。
35年前と25年前の製造で、どちらもボッコイけれど動くのなら走らせてみたくなった。
実用自転車ではちょっと遠いなと感じたら原付自転車に跨って颯爽と出かけてみたいのだ。
薪割りの合間に時間を見つけて三河湾沿いにのんびりとツーリングだ。
春は自動車で出かけてはもったいないよねぇ~!
西尾茶「お茶摘み同窓会」
西尾市出身のみなさん、こんあちは!
中学生の時に学校行事でお茶摘み作業をされた思い出がありますよね。
楽しかったり、つまらなかったり、面白かったり、嫌だったりといろいろあると思います。

そんな思い出話に花を咲かそうとmixiコミュニティに・・
西尾茶「お茶摘み同窓会」コミュニティをつくりました。

みなさんこぞってご参加ください。

mixi 西尾茶「お茶摘み同窓会」コミュニティ
 ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5502135
里山保全報告
薪バスターズ里山保全活動で吉良町の山へはいりました。
枯れ木の除去が今回の任務でそた。
参加のみなさん、お疲れ様でした。
山の畑周辺ではよく見られるナラ枯らしで倒れた数本の木を片付けました。
周辺にはまだ数本の樹皮をぐるりとキズ付けて強引に枯れさせ畑が日陰になることを防ぐそうだ。
こうして倒された木は今では誰も必要としなくなり放置されています。
今回は玉切りにしてかまどで焚く薪になります。
昔ながらのかまどで炊き上げるお米はほんとうに美味しくいただけます。
かまど炊きのごはんがたのしみです。
田渕義雄・薪ストーブエッセイ更新!
森からの便り

きみがいなければ生きていけない

「Waiting for Spring 春を待ちながら」

 ↓

http://fireside-essay.jp/modules/tabuti/story/625.html



薪拾って!薪焚いて!スマートに暮らす!
魅力的な焚き物
某ソーシャルネットワーキングの薪ストーブユーザーコミュニティに2トン積みトラック一杯で一万円の焚き物が投稿された。
非常に魅力的でよだれが出そうになっちゃう話だけど・・
誰一人として応募の書き込みがないのだ。
普通の薪ストーブ愛好家ならもったいない話だとウズウズしてくるはずだ。
投稿者も首を傾げておかしいなあと感じているに違いない。

当たり前かもしれない。
分けてもらえるのが産業廃棄物だからである。
良識ある愛好家なら喉から出始めた手を出る前に引っ込めてしまうはずだ。
しかし日常的に廃棄物を燃やす人や薪乞食は悲しいかな出た手を引っ込める手立てはない。
名前が表に出ないようにダイレクトメッセージで投稿者と交渉していることだろう。
このようにして薪ストーブを焚いているにもかかわらず身分を明かさずにコソコソ焚き物を集める人は相変わらず後を絶たない。
良い条件の「薪!」ならば貰う側が身分を明かさずして交渉が成り立つはずもない。
木質産業廃棄物はルールを守って焼却処分するかチップや木質ペレット業者に引き渡すようにしてほしいものである。

「薪」と「焚き物」は別種のものであるとの認識が欲しい。
薪焚き人の楽しみ
薪ストーブ愛好家のみなさん、こんあちは!
三河南部はこれまで吹き荒れていた伊吹おろしがその勢いを弱め始めるといよいよ焚き火再開である。
野外料理の楽しさはその熱源を焚き火でこそ楽しめるというものです。
ホームセンターはいつのころから薪を売り場から撤去したり縮小してしまい、薄い鉄板でできたチャコールグリルや信じられないような価格の燃料を使用するガソリンストーブやガスストーブばかりになった。
そのくせダッチ・オーヴンがごろごろ並べられているのであるから気弱な薪焚き人は心配で夜も眠れなくなるほどだ。
ダッチ・オーヴンを購入したアウトドアマンたちはどうやって料理しているのだろうか?
まさかとは思うが薪ストーブの炉の中に突っ込んで悦に入っているのだろうか。
それともキッチンで腱鞘炎になってでも鍋やスキレットを使っているのだろうか。
間違っても木炭ならまだしも固形粉末石炭やおが屑固形物で料理などしていないだろうに。
薪ストーブ愛好家には焚き火が自由に出来る薪がある。
焚き火を熾し、水を沸かして、お茶や珈琲を淹れると薪の良さが再確認できる。
焚き火を楽しむために薪も充分に用意しておいたのだ。
少し温かくなったらウインドブレーカーを脱いで一抱えの薪を包んで野外で遊ぶんだ。
刈払い機の整備
薪ストーブの薪集めも今月で一段落といったところか。
薪バスター小屋の周りも枯れ草の下から青々とした雑草たちが姿を現し始めた。
風はまだ冷たくとも徐々に湿気を含みつつあるようだ。
合わせるように3月も第2週を過ぎると眠りから目を醒ましたように雑草はイキイキと勢いを増すはずだ。
そろそろ刈払い機の整備をしなければならない。
薪作りのチェンソーを置いて、刈払い機に持ち替える時期近し。
草刈りのハードさはチェンソー薪作りの比ではないほど身に堪える。
もうひとつの楽しいシーズンはすぐそこまでやってきている。
「薪!」「薪!」「薪!」でないところに好感。
薪ガールの芝ちゃんが教えてくれる薪集めの秘訣は・・
「まず、行動!」
「それでも、行動!」
「まだ、行動!」

芝 の 佐久島カフェプロジェクト公式ブログ
 ↓
http://sakushiba.blog102.fc2.com/
焚かない火
まだ2月だというのに薪ストーブを焚かない今年最初の日になった。
春がすぐそこだということの証明でもある。
薪バスター小屋は小さなブルーフレームヒーター一つで薪ストーブを焚いているのと変わらない室温の季節は心が複雑になる。
「火を熾し薪を焚く」か「オイルに火を点す」かで迷う日はちょっとだけど切ないのである。
「焚く火」か「点す火」か、と書き換えてみれば解りやすいでしょ。

ぐたぐた言っていても仕方ないから・・
温かな夜だけどやっぱり焚こうか!
里山保全ボランティア募集
薪ストーブを焚きつつ里山環境保全に関心を持たれるみなさん、こんあちは!
期日限定里山保全ボランティア募集の掲示です。

日時 2月26日(土曜日)09:00集合 12:00解散

集合 JA西尾「いこいの農園」大駐車場トイレ前

里山 集合場所より車で15分の里山現場

作業 支障木の伐採および薪作り作業

報酬 無し

持参 チェンソー作業装備一式(ソーチェンオイルは生分解性植物オイルに限る)

参加 里山の環境保全に関心を持たれる一般市民ならどなたでも参加可能

申込 コメントより一言添えて申し込み(人数等)


尚、昼食後は薪の移動作業をおこないますのでこちらにも参加可能です。
里山は多くの人々が山に入ることを望んでいます。
ハイキング気分でお気軽に参加ください。


参加者 2名(大人2人)

碧南@草間さん(大人1人)、薪バスターズ:阿知波弘人
薪おバカ研究室(2)
「自然にやさしいオイル。」

「健康にやさしいオイル。」
  ・
  ・
  ・
「財布にやさしいオイル。」

薪作りチェンソー使用時のソーチェンオイルは生分解性植物オイルを選択するのは常識です。
いまだに石油系オイルをぬけぬけと使用している人はスグに使用を停止してください!
声を大にしてそう訴えてきました・
だけど価格が2倍以上もする生分解性植物オイルに替える事はもったいないと躊躇する人が大勢います。
ならば薪おバカ研究所が人柱になって石油系オイルよりもっと安価なサラダオイルをチェンソーに入れて使ってみようではありませんか。

2月19日(土)・20日(日)に行った薪バスターズのハイパーチェンソーワーク薪作り会で両日共にサラダオイルオンリーのチェンソー作業をやってみました。
ソーチェンへの負荷があまりかからないチェンソーアートでは以前から使用していますがコナラやケヤキの大径木でははじめての試みです。

結果は・・
当然ですが不便なく使用が可能でした。
しかし、乾燥ぎみのコナラやケヤキの50cmオーバー径を玉切りする場合は注意が必要と感じました。
バーとチェンの摩擦熱が上昇するとオイルがピチャピチャになってまるで水のようになってしまいました。
しっとりとしたソーチェンの木材への食い込み感が無くなりオイル切れで切っているような感触になります。
特に目立てが正確になされていない場合はもっと顕著にオイル切れのような感触にハラハラさせられるはずです。
正確な目立てが出来てアクセルコントロールが可能なエキスパートには問題なく使用できますが、目立てもアクセルコントロールもままならない方にはオススメできません。

だけどオイルメーカーはサラダオイルにちょこっと粘着成分を添加しているだけなんだろうなあ。
・・で、その成分をおおっぴらに公開できないことを思うとなんかやましい物質でも入れているんじゃないかと予想しちゃうなあ。
「財布にやさしいオイル。」サラダオイルを貴方も使ってみます?
ハイパーチェンソーワーク2日目報告
薪ストーブ愛好家のみなさん、こんあちは!
今年初めて伐採ヘルメットから額を伝わる汗を確認したちょっぴりうれしい薪作り会でした。
参加のMB:堀田さん、近所の石川さん、ハードなチェンソー作業お疲れ様でした!
これだけの薪材丸太を前にチェンソーで対峙できる機会はそんなにあるものではありません。
その中で冷静に安全を最優先して怪我事故の無い春のような一日を薪ストーブ愛好家仲間とご一緒できたことを感謝します。

総薪材丸太玉切り量2トン。
総ガソリン消費量7リットル。
総ソーチェン目立て回数10回以上。
総軽トラック運搬回数4回。
総冗談談話回数39回。

それぞれの参加者のチェンソーソーチェンがタランタランに伸びきってしまうハード作業でしたがなぜか次シーズンに向けてキリッとできた今日の薪作り会でした。
来シーズンに今回の薪が参加者の家族をやさしく暖めてくれることは間違いありません。
そして薪作りへの絆もさらに深まったはずです。
ハイパーチェンソーワーク二日目
薪ストーブ愛好家のみなさん、こんあちは!
明日の2月20日(日)も今日に引き続き「ハイパーチェンソーワーク」を開催します。
日曜日ということで駐車スペースに空きが出来ますので体験と見学での参加を受け付けます。
作業内容がかなりハードになることが予想されますが興味をお持ちのみなさんの参加をお待ちします。
コメントより一言添えて参加申込をお願いします。
ハイパーチェンソーワーク初日報告
薪ストーブ愛好家のみなさん、こんあちは!
なんと運の良い事に風穏やかで気温も上昇し午後には少し汗ばむほどの恵まれたお天気の下でのチェンソーワークができましたことを報告します。
参加したのはMB:堀田さんとMB:阿知波の2名で時にはやさしく、時には強引かと思えるチェンソーワークで事故怪我無く無事に初日を終えることができました。
MB:堀田さんの選択したチェンソーはMS260に18インチプロフェッショナルバーで巷のオヤジ達の胴回り程度の薪材丸太は最初から無視しているかのようなスタートダッシュを見せました。
不安定な丸太積みに昇り強靭な足腰によりチェンソーを直立させたフォームで次々に玉切り丸太を地面に落としていました。
外気温のわりには固めのソーチェンオイルを選択しバーが過熱し始めても、その切削スピードを落とすことなくチェンソーの性能を終始維持させていたのはサスガでした。
MB:阿知波はG320に11インチカービングバーで太腿クラスの丸太をメインに背面切りで背筋に負担を掛けないチェンソーワークからスタートしました。
粘度の低いピチャピチャのソーチェンオイルを選択したのはこの時点では正解でした。
第一マークを折り返した頃よりハスキー61に20インチソリッドハードノーズバー仕様に交換しましたがソーチェンオイルが思うようにバーに行き渡らず加熱し始めたバーをサラッサラに乾燥させぎみで切削スピードを更に落としてしまう結果でした。
そこでハスキー254XPに薄っぺらなライトバーに交換してMB:堀田さんを追いましたが丸太の木質とソーチェンオイルがミスマッチでまるで潮目にハマってしまったように効率の悪いチェンソーワークとなりました。
明日の第二日目も初日と同じ機種で望みますが周回遅れになりそうな予感で今夜は眠れそうにありません。


MB:堀田さん、お疲れ様でした!
玉切り丸太を薪バスターズ薪材丸太共同保管場所に下ろし、ポンコツサンバーの荷台満パンのコナラ乾燥済み良質高級薪を積んで帰らさせていただきましたことを感謝します。
ありがとうございました。
薪おバカ研究室(1)
薪ストーブ愛好家のみなさん、こんあちは!
おそらくは薪ストーブ経験3年以下あるいは産業廃棄薪を焚くユーザー様はガラスの曇りや汚れに悩んでいるのではないでしょうか?
そこで悩み多き薪ストーブ愛好家さんに変わり薪バスター小屋内に「薪おバカ研究室」を設けて人柱になってみる企画をスタートします。
今回の実験で使った物質は次の3点ですが各薪ストーブ関連会社より発売されている各種ガラスクリーナーや定番のうすめ酢液は皆様が既にお使いと考えて除外しました。

1「水道水」
水道水には誰もが知っている成分に「塩素」「ダイオキシン」「鉛」が含まれています。
塩素は湿気た薪を焚いたときにこびりついたクレオソート汚れにめっぽう効きそうです。
ダイオキシンは高温にさらされるガラス面をひと拭きできれいにしてしまいそうな予感がします。
鉛はなんとなく磨き成分のような働きがありそうじゃないですか。

2「ファブリーズ」
ひと吹きで「ニオイのもとをつかまえてすっきり消臭・除菌」とうたい文句にしているのがガラス汚れに効きそう。
その成分に「トウモロコシ由来」とか「有機成分」とありオーガニックな匂いがプンプンするところが期待大です。

3「人の息」
生きている限りなんど吹いてもタダで無料という薪集め人にとっては夢のようなウェポンではないでしょうか。

結果発表!
1「水道水」良く落ちました。
2「ファブリーズ」良く落ちました。少し難あり。
3「人の息」良く落ちました。
三つとも満足できる実験結果でしたが、2「ファブリーズ」は焚いている灰がガラスに付着するようで難ありと感じました。
オススメはタダで無料の3「人の息」です!
よく解らん?
facebookの使い方がよく解らんのでmixiのfacebookコミュニティに参加してみた。
・・って事をTwitterでツイートしようと、これまたよく解らんことをしようとしている自分に気付いた。
それを今度はブログのネタにしているんだから、ますますよく解らん?
無料薪集め会の要望
薪ストーブ愛好者のみなさん、こんあちは!
陽が長くなり日中の気温も徐々に温かくなってきています。
果たしてこの時期に無料薪集め会への開催要望はあるものなのでしょうか。
今シーズンの原木丸太も残り少なくなってはきましたが、まだまだ数軒分の原木在庫が残されております。
来シーズンに向けてまだまだ頑張って薪集めを行わなければならない薪焚き人さんからの要望があれば無料薪集め会を行います。

「自己中心的な人」「受け売りな人」「教えて君」「無礼な人」「薪乞食」「ズルイ人」はお断りしますが、普通の常識ある方とならご一緒します。
コメントより自己紹介等を一言添えて連絡ください。
ハイパーチェンソーワーク
チェンソーワーカーのみなさん、こんあちは!
日頃の薪作りでのチェンソーワーキング、お疲れ様です。
愛機のメンテナンスをおこない、完璧で安全な目立てに悩みながらも、日々チェンソーワーク技術に磨きをかける。
気が付けば薪材丸太があたかもダイコンや豆腐を切るような錯覚に陥ってしまうことがありませんか。
チェンソーワークがまるで麻薬のように次々と新しいテクニックを求めて空さえも切り始めます。
コナラやケヤキ等でしかも難物、太物、捻物、節物、重物といわれるより技術を必要とする丸太ばかりを集めてみました。
並みの薪作り人など一蹴してしまうような薪材丸太をハイテクニックでもって楽しくチェンソーワークしましょう。

日時 2月19日(土)・20日(日) 09:00~

集合 薪バスターズ薪材丸太共同保管場所

会場 薪バスターズチェンソーワーク研修所

持参 整備済みチェンソー、完全武装

参加 薪バスターズ隊員限定

体験 不可

見学 不可
netで見る『箪笥のばぁば』
原智彦像

この『箪笥のばぁば』をチェンソー彫刻してから既にずいぶんと月日が経っている。
幡豆郡吉良町の山の中で1時間位で彫ったように記憶している。
モデルは名古屋の超有名人で友人の原智彦氏だ。
映画「二十世紀少年」ロケ地の西尾劇場で公演された『タンス・ダンス・タンス』の1シーンをイメージしてデザインした。
等身大の木彫刻作品は重く一人で難儀して名古屋市大須商店街仁王門通りまで搬入した時は辛かった。
しかし、今はこうして商店街や市民の皆さんに愛されていることが心から嬉しい。
『箪笥のばぁば』を取り上げていただいたブログ等のネットサイトをここで紹介させていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。