ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つづき
s-12171.jpg


西尾市役所正面北玄関エスカレーター横。

自然からのめぐみがあるからこそみんな笑顔で暮らせるのだと思う。
スポンサーサイト
告知彫刻作品
COP10パートナーシップ事業「SATOYAMAフェスティバル」のプログラムが西尾市役所内に掲示された。
COP10開催まで残すところ30日あまりで少し遅すぎるようには感じつつ様子を伺ってきました。

西尾市役所南玄関案内所横設置。
生きものとして人類も太古から自然のめぐみをいただいて暮らしてきました。
感謝をこめて両手を差し出しながら、だれもが公平にめぐみを受けているのです。
チラシが手の平に置かれているのはシャレと思って勘弁ください。

s-12170.jpg


参照サイト → 環境省動画チャンネル
作品の仕上げとは
丸太からチェンソーだけで切って削って突っ込んで完成したチェンソーカービング作品だが・・
思い描いた通りの仕上がりとはなかなかめぐり合えないものだ。
その原因はラフカット時点でのミスがほとんどだと思う。
現にボクのチェンソーカービングはラフカット後のリカバリーに次ぐリカバリーの連続である。

・・で、「失敗かぁ!」という作品は着色でごまかしてしまうのである。
芸術祭ライブで彫った作品も典型的なミスカットからの失敗作であった。
どう見ても不細工な作品なのですっぴんではとても人前に出せたものではない。
こんな時に有効なのは化粧(着色)なのである。
酷く醜い造形をファンデーションよろしくボカシ隠してしまうのだ。
平たくぼかされた凹凸を今度は明るい色で「クッキリハッキリ」浮き出させるのだ。
なおかつ一点を際立つ明色によって印象付け不味い周辺を目立たなく隠してしまえばよいのである。

こうやって仕上げた作品も納品の時はハラハラするもの。
9月1日は約束どおり西尾市役所に納めてきます。
各所へ設置後に撮影をしますので画像は以後に発表予定のつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。