ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹テントは素晴らしい!
昨日は西尾市いきものふれあいの里で開催された「竹テント作り」ワークショップに参加しました。
予定では午前中のみの参加で、午後からはチェンソーカービング作品を製作するつもりでしたが・・

今年イチバンの心にヒットした「竹テント」でした。

商業林の間伐や里山での薪材伐採をやっていてまず目に付くのが「竹」です。
前々からあの竹を何とかしなくっちゃといつも思っていたのですが良い策がなかなか思い浮かばなかったのです。
今回のNPO法人トージバによる「竹テント作り」に参加してこの思いが一気に解決してしまったように感じました。

野外活動で事あるごとに設置している自立式タープ型テントですがそのほとんどがスチールやアルミニウムの骨組みで出来ています。
それはそれで良いのですが竹を骨組みに使用する理念はなんと素晴らしいことなんでしょう。
今年イチバンのクリーンヒットとなって全身が喜んでしまったのです。
当然これからスグにでも製作に入るつもりです。
来週はまず竹の伐採を行って材料の調達を・・なんて計画しています
スポンサーサイト
駒ヶ根自然樂校
自然暮らしの会「駒ヶ根自然樂校」が11月15日(日)開校です。
昨年につづき今年も駒ヶ根自然樂校に参加してきました。
講師はおなじみ栗田師匠です。
受講生は男女合わせて10人ほど。

今年のテーマは・・
(1)丸太プランター
(2)3段小物棚
(3)かわいい熊さん

09:00の始業後それぞれのテーマを思い思いに制作にとりかかります。
受講生さんは男性女性共に夢中になってチェンソー作業を楽しんでいました。
山と積まれた杉やヒノキの丸太が次々にプランターやクマに姿を変えていくのは圧巻です。
昼食を挟んで15:30の終業まで止むことなくチェンソーのエンジン音が駒ヶ根の山に響き渡っていました。
余るのではないかと心配した丸太もきれいに片付き、完成作品は受講生さんが自宅に持ち帰ってまた楽しむことでしょう。

閉校してから校長先生と栗田師匠に着いて校長先生の手打ち蕎麦をたらふくご馳走になりました。
数分前に打ったばかりの蕎麦のおいしいことったらありません。
何だかんだで4枚はいただいてしまいました。
ごちそうさまでした!
また来年も誘ってくださいね♪
久しぶり故郷イベント
ここのところ、あっちこっち各地のイベントに参加してきました。
どこの会場へ行くのもワクワクして、車を運転しながら期待でいっぱいでした。
そして人との出会いや友人達との再会をめいっぱい楽しんできました。

年末は久しぶりに地元というか生まれ育った故郷でのイベントに企画および参加します。
映画「20世紀少年」のロケ地となりスクリーンの中で古めかしい街の風景を映し出し一躍有名となった我が故郷。
建物がそのまま映画のセットになってしまうほど昭和の頃の時代を残している西尾劇場。
作・演出 原 智彦 「ダンス・タンス・ダンス」西尾公演に共催して祭りイベントを企画しています。
主催はハポン劇場project、共催はまちと祭りと演劇を楽しむ会、後援は西尾市/西尾市教育委員会。

さてボクは、三河黒七輪協会で参加しようか・・マインドカーバーで参加しようか・・
やっとこさ薪搬入
今朝は朝露も乾かぬうちに勇んで出掛けた田んぼですが・・
「ナンダコリャ!デカスギ!テニオエンガナ!」
台風で倒れた栗の木ですが想像してたよりもかなり大木でした。
しかも田んぼの畦横を流れる小川に幹で橋を掛けるようにバッタリと倒されているのです。
元口径は40cm程度ですが4m高から無数に枝分かれして腕太サイズの枝が相当本数あるんです。
単独での作業となると時間的に効率が悪すぎるので後日に複数人で作業することにしました。

・・で、やっとかめというか11月に入って既に一週間が経過してやっとこさ薪小屋に薪を搬入しました。
薪バスター局地薪伐軽機動車の荷台にアオリ高積載で2往復搬入しました。
今回で8スパンある薪小屋の2.25スパンが薪で満たされました。
4スパンで一年分ですのでもうちょっと搬入しなくっちゃいけませんね♪
風倒木処理に幡豆へ
先日の佐久島に引き続き明日の日曜日も台風被害の風倒木処理に出動です。
今回は幡豆郡の山にある田んぼに倒れこんだ栗の大木を片付けます。
この田んぼは幸いにして大型農業機械に頼らない手作業での稲作をおこなっていたので先月の稲刈りには支障はありませんでした。
かといってこのまま田んぼに倒木を放置しておくことはできないので早速薪バスターの出動となりました。

これから薪を自給自足しようとお考えの薪ストーブ愛好家さんの体験および見学も受け付けます。
返信より一言添えて申し込みください。
集合場所や時間を追って投稿掲示します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。