ここは薪ストーブ愛好家たちが集まる「暖かい小屋」 ▼△薪集め▼△薪▼△チェンソーアート▼△マインドカーバー▼△アウトドア▼△ティンバースポーツ▼△三河黒七輪▼△ホットサンド▼△実用自転車▼△ビジネスサイクル▼△
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月ほたるキャンペーン 
先日夏至の「100万人のキャンドルナイト」にひきつづき・・

7月7日(月曜日)七夕は『月ほたる』の開催日です。

 洞爺湖サミットにあわせて co2 削減大作戦

 月ほたるキャンペーン ←詳細クリック

 ~月明かりとキャンドルで七夕を楽しもう!~

 20:00 START

7月7日20時から1時間、職場・家庭の電気を消そう!!

(社)日本青年会議所 環境教育実践委員会のホームページでこんな呼びかけがおこなわれています。

青年の人も青年でない人も、子供だって老人だって、家族みんなで・・

全国一斉アクションに参加しましょう。

僕たち薪ストーブ愛好家は薪の代わりに炉内でロウソクを灯します!

これなら必要以上に暑くすることなく薪ストーブに炎が揺らめきます♪
スポンサーサイト
村の川ざらい 
田んぼの稲も膝高を超えました。梅雨が明ければ稲に花が咲くのももうちょっとです。しとしと雨降る入梅時季らしい天気模様の中、村人総出の農業用水路川ざらいへ行ってきました。村の中心にある出荷所に集まった人々はそれぞれの班に分かれておもむろに集落を出て村はずれの田んぼへと向かいます。手に持つ道具は大半が草刈り鎌ですが少数の村人に川から草を拾い上げる長柄の草刈り具とかエンジン刈払い機を肩に担いで雨の中を歩いて行きます。若草色から深緑へと色変わりして成長しはじめた雑草はまだその茎は比較的柔らかなままです。砥石で研ぎながら鋭い鎌刃を畦地面すれすれに払うように振り抜くと天に向かって伸びていた雑草は横たわっていきます。薄紫色のツユクサがところどころに顔を覗かせ川は真っ直ぐな本来の形を現してきます。時々大きな鯉やフナが川底を走る泥煙にハッとしながら雨の中で額の汗を拭います。休憩は村はずれの農作業小屋を借りて冷やしたスイカと地元産抹茶入りお茶で喉を潤します。喉を甘味と苦味が通り次の作業へと気合が入ります。

久々の更新となった今日の出来事です。雨の上がった午後からは夏本番を告げる生温かい湿った空気が北へ向かって空を流れていきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。